Library


◆抱えきれぬ想い◆

1:学院


◇Loa side
 街はもう、いつもの知っている街ではなかった。
 時折響く砲撃の音とともに、建物がえぐられ、崩れていく。
 道路に人影はない。ところどころに倒れている者がいるだけだ。
 その中を、母に手を引かれながらロアは走っていた。
 その少女を見下ろす、今の自分がいる。
(また、夢……)
 今まで幾度、この夢をみただろう?
 だからこの後どうなるか、すべて知っていた。
「ロア、いい? この道路を渡るけど、とまっちゃダメよ?」
「うん、わかった」
 母の背には、まだ幼い妹が背負われている。
――妹は2歳だった。
 十字路の手前、建物の陰で親子は立ち止まる。
「いち、にの、さんで行くからね?」
「うん」
 母親は背負っていた妹をいったん下ろし、今度は大切に抱きかかえた。
 そして辺りを見回す。
「行くわよ……いち、にの、さん!」
 母親が飛び出す。
 次いでロアも。
 教えられたとおり体制を低くして、できるかぎりの速さで。
 だが。
「あっ……!」
 砲撃で荒れた舗装に足を取られ、転倒する。
「ロア!」
 娘を気遣って母親が立ち止まり、振り返った。
「早く、こっち――」
 そこで言葉は途切れ、鮮血が散る。
「ママ……?」
 どさりと音を立てて、母は倒れた。
「ロア、だめ……逃げて……」
「ママ!」
 慌てて駆け寄る。撃たれなかったのは、奇跡かもしれない。
「ママ……ひっ!!」
 母親と抱かれている妹の背から、信じられない量の血があふれ出てくぼみに溜まった。
 思わずあとずさる。
「ロア……逃げ……な……」
 それが最後に聞いた母の声だ。
 そして、目が覚めた。
(……あ〜あ。夢見、サイテー)
 もうあれから八年も過ぎているのに、まだ時折この夢を見る。
(でも……やっぱ、しょうがないかな?)
 一生忘れられない記憶。
 それならきっと、一生この夢は見続けるだろう。
 ベッドの上に起き上がる。
「さぁて、今日の予定は、っと」
 わざと声に出した。
 単純と言えば単純だが、この方法はけっこう、ブルーな気分を吹き飛ばすのに効果がある。
「自主学習ばっかだな……って、夏休みじゃあたりまえか。で、午後は……あ」
 スケジュールを見てやっと思い出す。
「やっば! 新入生の案内するのに、なにも用意してない〜!!」

◇Rufeir
「すごい、ここが……シエラ学院?」
 圧倒されながら見上げる。
 アヴァン国から船でユリアス国に入って、そのあと列車に乗り継いで、ケンディクに着いたのが三日前。そこで一回イマドと別れて、あたしはシエラのケンディク分校で、簡単なテストをいくつか受けた。
 今朝はその結果が出て、本校への入学許可がおりたところだ。
 でもどうすればいいのか分からなくて、困ってしまった。簡単に「港で連絡船に乗って」と言われても、その連絡船が分からなかったのだ。
 イマドが迎えに来てくれなかったら、まだあたし、船にも乗れてなかったと思う。
「けっこう、大っきいだろ?」
「うん」
 噂には聞いてたけど、ホントに島を丸ごとだ。切り立った崖の上が緑で覆われて、その中に石造りの建物と尖塔とが見える。
 世界中にMeS――Mercenary Schoolの略――と呼ばれる傭兵学校は、かなりの数が乱立してる。中には上流階級の子弟専用のMeSまで、あるくらいだ。
 人気の理由は、ここの卒業生は徴兵が免除されるからだ。普通なら上級学校を出たあと兵役を果たし、それから大学や就職になる。けどMeSを卒業すれば同等の訓練は終わったとみなされて、そのまま大学や就職に進めた。
 これが有利だと、MeSに子供を入れようとする親は多くて、結果として乱立に繋がっている。
 ただこのシエラ学院の、中でも本校は別格だった。
 「もっとも古いMeS」と称されるこの学院は、創立二百年。
 起源はさらに遡って、ユリアス国がまだ、国内で領主同士争っていた時代になる。今のケンディクに所領を持っていた領主が、領内のゴロツキを集めて訓練し、傭兵としたのがその始まりだという。
 その後本格的な訓練施設になり、成り行きで多くの孤児も送り込まれるようになった。ただ当時の環境は悲惨で、ここへ送られるくらいなら町でスリでもしてたほうがマシというほど、過酷だったらしい。
 状況が大きく変わったのは、ユリアス国の統一時。首都イグニールに居を構える一族と、ケンディクに地盤を持つ一族とが講和条約を結び、縁戚関係を持つことで内戦の時代は終わった。
 そのため例の訓練施設も不要になったのだけど、これに目をつけた人物が居た。シエラ学院の、初代院長だ。有力な貴族なだけでなく慈善家で商才もあったその人は、この群島をまとめて買い取り、傭兵学校を開いた。
 国中から孤児を集め、教育し、訓練し、時に在学のまま兵力として売り出す。卒業生はもれなく、軍なりへ就職の斡旋と称して売る。
 内戦の時代は終わったものの、各地で凶暴な竜族その他が暴れているのは相変わらずだったし、内戦に代わって国家間の小競り合いが始まったこともあって、この目論見は大当たりだったそうだ。
 もちろん賛否両論だったけど、当時はまともな孤児院さえ少なかった。まして孤児がきちんとした教育を受けられる場所など他になく、文字通りシエラは孤児たちの、最後の頼みの綱になったのだという。
 今は学院の分校がケンディクや首都のイグニールはもちろん、アヴァン国なんかにもあるし、金持ちのための「箔付け専用」分校まであるらしい。
「この本島に、寮と校舎あってさ。実地訓練なんかは別の島でやるんだぜ」
「そうなんだ……」
 いちばん古いMeSというからには、それなりだろうとは思っていたけど、予想以上に本格的らしい。
 その間にも船はすべるように海を進んで、船着場へ着いた。意外と大きくて、幾つか高速艇まで停泊してる。
「気をつけろよ、時々落っこちるバカいっから」
「うん……」
 揺れる足元に気をつけながら船を降りて、歩き出した。
 切り立った崖の間の、坂道を登っていく。だんだん視界が開けてくる。
「きれい……」
 曲線がいろどる、滑らかな肌の建物。東西南北と中央、合わせて五つの尖塔。
 手前の庭や周りの木々もきれいに手入れがされていて、緑の間に花が咲いている。
 石畳の道と、あちこちに置かれたベンチ。
 あたしと同じくらいの子や、もっと上の人なんかがたくさんいて、すごく賑やかだった。
「……なんか、夢みたい」
 ほんの何日か前まであたしがいた世界と、まったく雰囲気が違う。
「でも、夢じゃない……よね? あたし、ここに行けるんだよね……?」
 なんだか不安になって、イマドの方へ振り向いた。
「夢なわけねぇって。
――おい、頼むからここで泣くんじゃねぇぞ。おれが泣かしたと思われるかんな」
「だいじょぶ……」
 イマド、けっこう言うことがひどい。
 そのまま歩いて、彼は玄関のところで受付の人に話しかけた。
「すいません、こいつ、ルーフェイア=グレイスって言うんですけど。連絡来てますか?」
「おかえり、イマド。今年はいつもより、早く帰ってきたんだね」
 言いながら受付のおじさんが、何か紙をめくる。
「ルーフェイア……ああ、この子だね。
 ちゃんと聞いてるよ。このまま真っ直ぐ、学院長室へ行きなさい」
 予想と違って、あっさり通してもらえた。分校からきちんと、連絡が来てたらしい。
――それにしても。
 その分校にも、あたしが特殊な事情で本校へ入学すると、ちゃんと知らせが行ってたっていうのが不思議だ。本校の学院長経由だと分校の人は言ってたけど、よくそこへ話が行ったと思う。
 まだアヴァンのほうは戦闘直後で混乱してたのに、母さん、どうやったんだろう?
「いいか、あの昇降台でいちばん上だからな、学院長室」
「わかった。ありがと」
 イマドと別れてひとりになった。
 明るい廊下。置かれた緑。笑いながら行き交う生徒たち。
――あたし、ほんとにここにいて、いいんだろうか?
 なんだかすごく、場違いなような気がしてくる。
 あたしの知っている世界は――武器と魔法と、血。ものごころついた時から、戦場がすべてだった。
 たしかにここは名だたるシエラ学院でMeSだけど、それでも戦場とは違う。
 もっとずっと穏やかで……けど、あたしは……。
 イマドに言われたとおり昇降台の前に立って、手をかざす。見たことがないほど旧式の造りで、とちゅうで浮力を失って落ちたりしないか、ちょっと心配だ。
 乗り込んで最上階を表す石に手をかざすと、ガタンと揺れてから、昇降台は動き出した。
――不安だった。
 自分の両手をみつめる。
 この手に太刀を握って、どのくらいになるだろう?
 あたしは息をするくらい自然に、人を殺せる。そんなあたしが、ここで上手くやっていけるんだろうか?
 心配が尽きない。
 けどそんなあたしに関係なく、昇降台は止まって扉が開いた。
 豪奢な絨緞が敷かれた廊下。がっしりした扉が、いくつも並んでいる。
「えっと……」
 なんだか気圧されながら、案内板と扉の上の部屋名とを見比べて、院長室を探し出した。
 そっとノックする。
「どうぞ、開いてますよ」
 おそるおそる重い扉を開けると、広くて大きな窓と、その前に立つ人影が目に入った。
「いらっしゃい」
 なんだか優しそうなおじさんが声をかけてくる。
「わたしがここの学院長のオーバルです。
――ルーフェイア=グレイス=シュマーですね?」
「フルネームは、やめてください」
 さすがにこれは許容できなくて、即座に言い返す。シュマーの名は、簡単に口にできるようなものじゃない。
「……そうでしたね。カレアナからも言われていたのに、忘れていました」
 カレアナというのは、母さんのファーストネームだ。どうやらここの学院長と母さん、ホントに知り合いだったらしい。
 それならあたしの細かい事情も、たぶん母さん話してるんだろう。
――それがいいのかどうかは、わからないけど。
 そのあとサインだけして、入学手続きはあっさりと終わる。ほかにクラス分けのテストがあるらしいけど、年度途中の特例入学のせいで、後日改めてだそうだ。
 ただ、そのあとの学院長の話が長かった。
「連絡をもらった時は驚きましたよ。なにしろ15年ぶりくらいでしたから」
「はぁ……」
 15年前なんて、あたしまだ生まれてない。
「まぁカレアナはあまり、変わってないようでしたけどね。でも向こうは、まさかわたしがシエラの学院長をやっているなど思っても見なかったようで、驚いてましたっけ」
「……そう、なんですか……」
 たしかあたし、ここに入学手続きにきたような……?
「それにしても音沙汰のないうちに、こんな可愛いお嬢さんが生まれてたとは」
「……ありがとうございます」
 なにをどう答えればいいか、分からなくなってくる。
「なんでも、カレアナがいろいろ言ってましたが……」
「!」
 瞬間、驚くより早く、目に入った映像に対して身体が反応した。
 とっさに小太刀を投げつて隙を作り出し、逃さず一瞬で間合いを詰めた。そのまま間髪いれずに、学院長の右手首に手刀を叩きこむ。
 学院長の手から、銃が落ちた。
「いたた……はは、さすがシュマーの総領家ですね。話は嘘ではなかったようです。驚かせてすみませんでした」
 手首をさすりながら、学院長が笑って言った。
 どうやら試されたらしい。
「あ、えっと、その……すみません。骨、だいじょうぶ……ですか?」
 たぶん骨が砕けるほどの力は入ってないはずだけど……とっさだったから自信なかった。
 もしかしたら、ヒビくらい入ったかもしれない。
「ええ、どうやら大丈夫のようです。
 それにしてもこれでは……今までいろいろ、辛かったでしょう?」
「え?」
 言われた意味が分からず、そのまま考え込む。
 学院長がそっと手を伸ばして、あたしの頭を撫でた。
「もっと普通に、友だちと遊んだりしたかったでしょうに。
 でもこれからは、きっと出来ますよ」
「あ……」
 涙がこみ上げる。
 いちばん夢見ていたもの。
 けどいちばん遠いと諦めていたもの。
 それが今、目の前にあった。
 次々と涙がこぼれる。
 学院長が黙って、あたしを抱き寄せた。
「っつ……!」
 動かしたせいだろう、手首を押さえて顔をしかめる学院長に、血の気が引く思いになる。
「だいじょうぶですか?!」
 やっぱりヒビが、入ったかもしれない。
「あの、学院長、どこかで……診てもらったほうが」
「そうですね。一応、診療所へ行って、検査でもしてもらいますか」
 学院長の言葉に内心驚く。思ってた以上にこの学院、至れり尽くせりだ。まさか検査の出来る医療施設まで、あるとは思わなかった。
「ついでに寮まで案内しますよ。行きましょう」
「はい」
 いっしょに昇降台で一階まで降りる。
 廊下は変わらずにぎやかだった。
「夏季休業中で、正規授業はありませんからね。この時期は騒がしいのですよ」
 あたしの思いを察したのか、学院長がそんな説明をしてくれた。
「あ、院長だ!」
 あたしと同い年くらいの生徒たちが、集まってくる。
「うっわ、すげー美少女」
「なになに? 新入生?」
 取り囲まれた。
「ねぇ、どこから来たの?」
「え、あ、えっと……」
 初めてのことに戸惑ってると、学院長が助け舟を出してくれた。
「ほらほら、困っていますよ。彼女はルーフェイア、これから学内を案内するところです。
 それよりあなたたち、そろそろ次の自主学習が始まる時間じゃありませんか?」
「あ、ほんとだ」
「やばっ!」
 わっと彼らが駆け出して、急に廊下が静かになる。
 どうやらこの学校は普通と違って、夏休みでも「自主」と称して、ある程度授業が行われてるみたいだった。
 そんな中を、学院長と並んで歩いてく。
「こちらが正面玄関ですね。おや、来るときに通った? それは失礼しました。
 この棟は、事務関係が集中しているんですよ」
 窓の外を指差しながら、いくつもある棟を、院長が順番に教えてくれる。
「あちらに、建物が幾つも並んでいるのが分かりますか?
 いちばん奥の二つは、左が低学年、右が中学年の校舎です。手前の少し低い建物は、高学年の校舎。
 あなたはまだ低学年ですから、奥の左側ですね」
 どれも似たようなデザインの建物だから、最初のうちは間違えそうだ。
「ちなみに管理棟のすぐ後ろが、講堂と図書館です。あと陰になって見えませんが、食堂と診療所がありますよ」
 言いながら学院長が、廊下を曲がった。
 講堂と図書館の間を抜けるとたしかに説明どおり、小さめの建物が二つ見えてくる。ガラス張りのほうが食堂みたいだから、残りが診療所だろう。
 その前で学院長が足を止める。
「ここからまっすぐ行った、校舎の手前が寮です。
 入り口のところに受付がありますから、細かいことはそこで訊いてみてくださいね」
「はい」
 それから学院長は、痛そうに手首を押さえながら、診療所に入っていった。
――何もないと、いいんだけど。
 来た初日に学院長にケガをさせるなんて、きっとこの学校初だろう。あとで結果が出たころに、もう一回謝りに行ったほうがいいかもしれない。
 そんなことを考えながら寮へ行こうとして、あたしは思いなおした。
 食堂のほうに足を向ける。
 まだお昼には早いけど、暑い上に学院長の話をずいぶん聞いてたから、喉が乾いてた。
 人の出入りもあるし、行けばなにかあるはずだ。そう思って食堂のドアに手をかける。
 でもなんか、妙に騒がしい。
 それに、この気配……。
 食堂の中から感じる独特の気配は、精霊を召喚する時のやつだ。
――こんな狭いところで、呼び出すなんて。
 常軌を逸してるってこのことだ。あんな威力があるものを部屋のなかで呼び出したら、よくて巻き込まれて大ケガ、ヘタすれば建物ごと吹き飛ぶ。
 ともかく止めたほうがいいと思って、あたしは建物の中へ急いだ。

「抱えきれぬ想い」2章へ

図書館へ戻る