Library


◆立ち上がる意思◆

1:浜辺


◇Rufeir
「海だ〜♪」
 ミルがやけに嬉しそうな声で、浜辺へと駆け出した。
――別に今日じゃなくたって、海はなくならないと思うけど。
 でも確かに、入れるという意味じゃ、特別かもしれない。
 あたしはよく知らなかったけど、海っていうのはいつでも入れるものじゃないらしい。一年のうち期間を区切って、その間だけ、泳いでいいって決まってるんだそうだ。
 ただなぜわざわざ、そんな面倒なことをするのかは、よく分からなかった。
 しかも面白いことに、その解禁日――つまり今日――は、シエラの生徒が全員で海へ入ることになっていた。
 ちなみに理由をイマドに聞いてみたら、どうもケンディクの街側が「せっかくの解禁日なのに誰もいないのは寂しい」と言って、以来こういうことになったらしい。
――世間って、けっこうヒマかも。
 ともかくそんなわけで、学院の全生徒で浜辺はあふれてた。ただこの海岸はかなり広いから、それなりにゆったりはしている。
「やっぱりいいよね〜」
「ほんと、夏が来たって感じ」
 ナティエスとミルが、おおはしゃぎだ。シーモアもけっこう、嬉しそうにしている。三人ともわざわざ水着を新調してるんだから、よっぽど楽しみだったんだろう。
「ほら、ルーフェもおいでよ?」
 みんなに呼ばれて、あたしも浜辺に足跡を残した。
 なんだか、足がさらわれそうだ。波が引いていく感触が、気持ち悪い。
「どしたの? なんで入らない?」
「あたし……海は、あんまり……」
 うまく答えられない。何より、言いたくない。
「え、どうして?」
 よっぽど不思議らしくて、みんなが一斉にこっちを見る。
 やっぱり言わないと収まりそうになくて、仕方なしに、あたしは口を開いた。
「だって、あたし……泳げない……」
「えぇ〜〜っ!!」
 みんなの驚きの声が、きれいに揃う。
「ホントなの?」
 慌てて言いわけした。
「あ、えっと、ぜんぜん……泳げないとかじゃ、ないの。 でも、あんまり……上手くない……」
 言ってるうちに、だんだん自分が情けなくなってくる。
「信じらんない。ルーフェってなんでも出来るから、泳ぎも得意だと思ってた」
「うんうん」
 なんかあたしが泳げないの、いけないことみたいだ。
「でも、だから……泳ぎとか、習うヒマ、なくて……」
「あー、そっかぁ」
 あたしの説明に、みんなが納得する。
「たしかに前線じゃ、悠長に泳いでるワケにゃ、いかないだろうしねぇ」
「けどさ、やっぱりルーフェって、習わなくても泳げそうなんだけどな」
「言えてる〜」
 あたし別に、そんな何でも出来るわけじゃないのに……。
 なんだか落ち込んであたし、ちょっとため息をついた。

◇Imad
「や〜っともどってきたか」
 海からあがった俺に、悪友たちが声をかけてきた。
「わりぃ。久しぶりだから、ちと夢中になってた」
「いいっていいって」
「ホントお前、泳ぎは上手いよな〜」
「まぁな」
 つか俺、泳ぐのだけは自信ある。今年も一夏泳ぎ込んで、タイム上げるつもりだった。
 よく晴れただけあって、日差しがキツい。突き刺さる感じだ。
 でも去年はこの日、エラく寒くてみんなでひどい目に遭ったから、それを思えばかなりマシだろう。あの時俺は平気だったけど、クラスはほぼ全滅したし。
 どっちにしても明日からは、思う存分泳げるってやつだ。その意味じゃ今日は、俺が一年でいちばん楽しみにしてる日だった。
 ルーフェイアのヤツは、海開きの意味が分からなかったらしくて、ひたすら怪訝そうな顔をしてたけど。
 あいつに言わせると「そこにあるのに、どうして自由に泳げないのか」ってことらしい。
「おーい、飲むか? こっち来いよ」
「あ、いま行く」
 あいつら、いつの間にか日陰を陣取ってやがる。俺も連中の隣へ行って、腰を下ろした。
「しっかしよかったよな〜、晴れて。去年はヒサンだったじゃねぇか」
「っていうか、あれで海に入れって方がムチャだよ」
「お前ら見てねぇだろうけど、去年のムアカ先生、すごかったぞ。怒りまくってたかんな」
「あー、なんかわかる」
 ついこの話になるのはしょうがない。去年はともかくヒドかった。んでその分、今年はみんな、浮かれまくってる。
――そいえばこの話、ルーフェイアのヤツ知らねぇな。
 あいつは今日は、シーモアたちといっしょなはずだ。
「おーい、イマドー?」
「ん?」
 アーマルに呼ばれて、はっとわれに返る。
「また、ぼーっとしてさ。ルーちゃんのことだろ」
「イマド、保護者だもんな」
「よく分かってんじゃねぇか」
 この一言で、2人が黙る。
――けっこうこいつら、わかりやすいよな。
 どっちにしてもルーフェイアのお袋さんに頼まれた手前、面倒を見ないわけにもいかない。だいいちあいつ、バトル以外は 信じられないほど非常識で、あぶなっかしいことこの上なしだ。
 と、当のルーフェイアを見つけた。
 なんかいつものメンバーに囲まれてっけど、どういうわけか下向いて、なんかヤバげな雰囲気だ。
「わりぃ、ちょっと行ってくるわ」
「いや待て、ルーちゃんのことなら僕も行くから」
 なんかなし崩しに、こいつらもついてくる。
 近づくとすぐ気配に気づいて、ルーフェイアのヤツが振り向いた。
「お前ら、なにやってんだ?」
「あー、イマド? それがさ、ルーフェったら海、ヤなんだって」
「え? なんでだ?」
 けど、こいつの足元を見て気づく。まさかっては思うけど……。
「それがさ、ルーフェイア、泳げないんだってさ」
「あー、やっぱそうか。いまコイツの足元見て思った」
 ルーフェイアのヤツは、みんなに知られたくなかったんだろう。バツの悪そうな、泣き出しそうな顔だ。
 けどホントのこと言うと、俺も信じらんなかった。バトルとなれば上級生顔負けのくせに、泳げねぇってのは意外すぎる。
「あたし……海軍じゃなかったし……」
「いやそれカンケーねーだろ」
「いやぁ、でもいいんじゃないか? ルーちゃんに意外な弱点! いいなぁ、うん」
 ヴィオレイのヤツ、ぜんっぜんフォローになってねぇし。
「――あのさ、ルーフェよけい落ち込んでない?」
「わわ、ルーちゃんゴメン!」
 突っ込まれて、ヴィオレイが慌てて謝る。
 でもよく考えてみりゃ、ありうる話だった。ルーフェイアのヤツは戦場育ちだ。のんびり泳ぎを習う暇なんて、ありゃしなかったんだろう。
 当人はみんなにいろいろ言われて、かなり落ちこんでるっぽい。このまま放っとくとたぶん、また泣くだろう。
 こいつの泣き虫は筋金入りだ。一回泣き出したら、しばらくは泣きやまねぇし。
「おまえ、水には浮けんのか?」
 とりあえず助け舟、出してみる。
「そのくらいだったら……」
 どうにか間に合ったみたいでルーフェイアのヤツ、泣かねぇうちに顔を上げた。
「そしたら、俺が教えてやるよ。シーモア、俺ら置いてっていいぜ?」
「わかった、すまないね」
「そしたらあとでね〜♪」
 シーモア、ナティエス、ミルの3人が、きゃぁきゃぁ騒ぎながら海へ入っていった。
「なんか……ごめん」
「ルーちゃん、気にしなくていいから! 僕たちも教えてあげるよ」
 行く気満々のヴィオレイの頭を、アーマルのヤツがぶん殴る。
「オマエさ、ちょっとは気利かせろよ。オレらお呼びじゃないって」
「え?? そんなわけないじゃないか! ね、ルーちゃん」
「あ、うん……」
 断るっつーこと知らねぇルーフェイア、圧されてうなずいてるし。
「いいからオマエ、こっち来いっ! イマドはどーでもいいけど、ルーフェイアがカワイソウだろ」
 アーマルのヤツが、ヴィオレイの首絞めながら引きずってく。
――なんかビミョーに、腹立つ言い方しやがったけど。
 ルーフェイアのヤツが、ほっとした表情になった。やっぱ泳げねぇとこは、見られたくなかったらしい。
「二人に、謝らなきゃ……」
「気にすんなって。あいつら、いつもあんなだかんな」
「そう、なんだ」
 こいつといっしょに歩き出す。
「向こうで教えてやるよ。あっちなら人も少ねぇし。ただ、ちっと歩くかんな」
「うん」
 この海岸は、ケンディクきってのリゾート地で有名だ。延々とキロ単位で砂浜が続いて、ホテルもかなりの数が 建ってる。だから浜辺もかなり整備されてて、ところどころに桟橋なんかもあった。
 その一つへ向かう。割と浜辺の端のほうにあって、この向こう側はほとんど人は行かねぇ場所だ。
 ルーフェイアも、とことこついてきた。
「少しは泳げるの。でも、習ったこと、ないし……」
「わかってるって」
 よっぽど気にしてんだろう、一生懸命言い訳するあたりが、けっこう可愛い。ナティエスかミルが選んだらしい、白のワンピースの水着がよく似合ってた。
 これでもう少し体型が……。
「なに? あたしなにか……変?」
「いや、おまえってマジで、幼児体型だよな」
「――!」
 ヤバいと思ったときにゃ、すでに鳩尾に蹴りを食らったあとだった。
――すっげー強烈。
 胸(腹?)をおさえたまま、立てなくなる。これで恐らく手加減してんだから、むちゃくちゃってしか言いようがない。
 けどこの手の話だと、なんでかルーフェイアは、口ほどには傷つかなかった。ケリが出るのがいい証拠だ。もし本当に傷つけば、蹴るより先にこいつは泣き出す。
「先に、行く!」
 けっこう怒ってるらしくて、ルーフェイアはさっさと歩き出した。

◇Rufeir
 結局泳げないあたし、シーモアたちと別行動することになった。
――ほんとはいっしょに、行ってみたかったけど。
 でもみんな泳ぎが上手みたいだから、あたしが一緒じゃ楽しめないだろう。
 ただ、イマドが教えてくれると言っててくれた。さすがに一人じゃ寂しいかな、と思ってたから、ちょっと嬉しい。
「少しは、泳げるの。でも、習ったこと、ないし……」
 なんとなく自分が泳げないのがいけないような気がして、いろいろ言い訳してみる。
 でもいつものようにイマド、あたしを責めたりしなかった。
「わかってるって」
 ほっと心が軽くなる。
 少し歩調を上げて、イマドの隣に並んだ。彼とは頭ひとつ違うから、急ぎ足にならないと並んで歩けない。
――けどこの水着、いまいち馴染まないな。
 水着なんて着たことないし、これ自体も新しいおろしたてだから、どこか着心地がよくない。戦闘服のほうがよっぽどまし だ。
 と、イマドがあたしを見ているのに気づく。
「なに? あたしなにか……変?」
 こんな格好したの初めてだから、すごく気になる。
 でも、イマドの答えはぜんぜん違うものだった。
「いや、おまえってマジで、幼児体型だよな」
「――!」
 思わず体が動いて、鳩尾に蹴りを叩きこむ。
 イマドがその場にしゃがみこんで動けなくなったけど、無視した。どうせ手加減しておいたから、そのうち回復するはずだ。
「先に、行く!」
 さすがに腹が立ったから、イマドを置いて歩き出す。
――気にしてるのに!
 どうもあたし、昔から小柄だ。それになかなか身長も伸びない。
 もちろん戦闘なんかじゃすごく不利で、スピードと従属精霊とで、それをようやく補ってる。
 力に至っては、底上げしててもかなり厳しい。体質のおかげで精霊との相性が良くなかったら、とうの昔に戦場で死んでるだろう。
 まあ最近は、そういう心配もないけど……。
 そして、背筋が寒くなった。人間は、こんなに簡単に慣れてしまうのかと。
 今まで生きてきた殆どをすごしたはずの戦場が、とても遠いところに思える。
 夢は叶った。
 友達も出来た。
 けど、これでいいんだろうか……。
 あたしが手にかけてきた人たちを、裏切ってる気がする。
 そのあたりへ腰をおろして、ふと、足もとの貝殻を拾った。
 綺麗だけれど、命のないただの抜け殻。
 あたしの知ってる人もこうして抜け殻になって、二度と帰ってこなかった。
 会いたい。
 優しかったあの人たちに……。
「お久しぶりですね」
「――たっ、タシュア先輩!」
 振り向くと真後ろに、先輩が立っていた。
 銀髪と紅い瞳。金髪に碧い瞳のあたしとは、不思議なくらいに正反対の容姿だ。
 上着を羽織ってるけど、その下はちゃんと水着だ。でも、眼鏡はかけたままだった。
 この先輩を見ながら思う。やっぱり勝てないと。
 なにしろこの先輩が片手で軽々と扱うあの両手剣――ラスニールというんだそう――は、あたしじゃ両手で持ち上げるのがやっとだ。
 何よりあたし、先輩の胸あたりまでしか身長がない。体重なんかは倍くらい違うだろう。
 羨ましかった。
 たとえ大人になっても、女のあたしはきっと勝てないに違いない。
 でもあたしは、この先輩が好きだった。細かくは知らないけれど、同じように戦場で育ったということに親近感を覚える。
 それに、この先輩は強い。
 こんな風に生きられたらいいだろうな、そう思って先輩の方を見る。
「何か、聞いてほしいことでもあるのですか?」
 たぶんあたしの視線を違う意味に取ったみたいで、静かな声で先輩がそう言った。こういうことを言う人じゃないと思ってたから、ちょっと意外だ。
 もしかすると、今日は授業がないから、機嫌がいいのかもしれない。
「なんでも……ないんです。ただ、平和慣れが……情けなくて」
 なんとなくため息がでる。
 そして、ふと思いついた。前からひとつだけ、知りたいことがある。
「あの……先輩、えっと、あの……」
「はっきり言ったらどうです。それでは何が言いたいのか、まったく分かりませんよ」
「あ、すみません……」
 やっぱり怒られる。
 でも今日はどういうわけか、それだけだった。だからちょっと勇気付けられて、続けてみる。
「えっと、だから、訊きたいことが……」
 どうにかそれだけ言ってみた。
「なにを聞きたいのかは知りませんが――面白い話はできませんよ」 
「あ、えぇと、そういう話じゃなくて……」
 今度は怒られずに済んだけど、上手く説明ができなくなってしまう。
 でも今日は先輩、いつもより機嫌がいいみたいだった。
「まぁ、答えられる範囲でなら、いいでしょう」
 でもなんだか言い出せなくて、しばらくためらってからやっと、あたしは聞きたかったことを口にする。
「――先輩のいたヴァサーナって、どんなところなんですか?」
 この間送られてきた手紙に、そう先輩の出身地が書いてあったのだ。
 ヴァサーナは東の大陸にある国で、こちら側の世界とはあまり付き合いがない。魔獣や海竜の棲む大洋が、行き来を阻んでるからだ。ただシュマー家経由で入ってくる情報だと、独自の文化と、高い科学力を持ってるらしい。
 だから昔から、とても興味があった。
 けどこの質問で、なんとなく先輩の表情が変わった気がした。聞いちゃいけないことを、聞いてしまったのかもしれない。
「あの、すみません。えっと、いいです……」
 慌ててそう言う。
 でもタシュア先輩の答えは、ちょっと思ってたのとは違った。
「構いませんよ。聞いていいといったのは、こちらですからね。
――ヴァサーナですか。荒野に無理矢理人間の居場所を造った、居心地の悪いところです」
「そう、なんですか……?」
 ぜんぜん想像していなかった答えに驚いた。もっと素敵なところだと、想像してたのに。
「もっとも私も、すべてを知っているわけではありませんがね。ずっと研究所にいて、あとはそのまま戦場行きでしたから」
「じゃぁ、やっぱりその傷痕……?」
 さっきからずっと気になっていた。
 上着を羽織ってはいるけれど、時々その陰から見え隠れしている。
 それもひとつふたつではない。中には死にかけたに違いないもの――胸の傷は間違いなくそうだ――まで、信じたくない数 だった。
「そういうことです」
「そんな、ヒドい……」
 涙がこぼれそうになる。
 あたしも何度か大怪我をしているから分かる。これだけの傷を負いながら生き延びることが、どれだけ難しいかが。
 しかもずっと研究所に押し込められていて、そのあとはこんなひどい怪我をする場所に放り出されたなんて。
――胸の傷が疼いた。
 あたしにとってはいちばん大きかった怪我だ。
 もっとも見た目には、何もない。あたしの場合ごく小さなものまで含めて傷痕はすべて、シュマーの医療技術を結集して消されてる。
 それでも痛かった。
――どうしてあたしたち、こんな目に遭ってるんだろう?
 涙があふれて、止まらなくなる。
 そんなあたしを見て、タシュア先輩が冷ややかに言った。
「同情ですか? そんなものは欲しくありませんね」
「ちがいます!」
 自分でもびっくりするくらい、強い口調だった。
「そんな、同情なんて……。そうじゃなくて……あたしたち、どうして……」
 言葉が続かない。
 ただただ、悲しかった。
 どうしてあたしたち、普通に育っちゃいけなかったんだろう?
 それを望むのって、そんなにいけないんだろうか?
 でも先輩は、静かな声のまま言った。
「昔のことです。忘れろとは言いませんが、気にしすぎると前に進めませんよ」
「あ、はい」
 急いで涙をふく。
 そうだ。泣いてたってどうにもならない。
「おや、迎えが来たようですね」
「え?」
 言われて先輩の視線をたどると、さっきの蹴りからやっと回復したみたいで、イマドがこっちへ歩いてくるところだった。
 そっと手を振ってみると、すぐ気が付いてこっちへ走り出す。それを見て思った。イマドってやっぱり、「真っ直ぐ」な感じがする。
「ったく、もうちっと手加減しろよな。
――って、また泣かされたのか?」
 先輩が間髪入れずに言い返す。
「人聞きの悪いことを言わないで下さい。私は何もしていませんよ」
 イマドが「ホントか?」って顔で、あたしを見た。
 彼の視線にうなずいて返す。
「あたしが、勝手に……泣いたの」
「お前がそう言うなら、そうなんだろな」
 あっさりイマドはあたしの言うことを信じる。そして先輩の方に向き直った。
「すみません先輩、こいつが迷惑かけたみたいで」
 なんだかいきなり、ヒドいことを言われる。
「おやおや、まるで保護者ですね」
「あー、それ、こいつのお袋に頼まれてんで」
 まただ。
 誰がどう見ても変わってるってしか言いようがない母さん、その割にかなり世話焼きで過保護だ。あたしの知らないとこでさっさと話が通されてたりと、根回しされてることはしょっちゅうだった。
 恥ずかしいからやめてって言ってるのに、気にもしてくれないし。
「つか、こいつ野放しとか、けっこう怖いですよ?」
「それは否定できませんね。
 まぁ不要な傷を作らないように、彼女の背中を守ってあげるのですね」
 先輩まで……。
 みんなから思いっきり、好き勝手言われてる気がする。
――でもこういうのって、あったかいかも。
 また、涙がこぼれた。

「立ち上がる意思」2章へ

図書館へ戻る